当社が設計・監理をさせていただいたレストラン「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ環水公園」が12/20にグランドオープンの日を迎えました。

限られた期間での設計・施工でしたが、お施主様をはじめ関係者の熱意と努力により無事に完成することができました。

 

環水公園を臨むロケーションの良さを活かし、1階に大きな窓のある客席、2階に水平方向の見渡しが効く客席をそれぞれ設けています。また1階客席と一体間のある吹抜けに面した2階カウンター席や色とりどりの花に囲まれたテラス席など、お好みの場所で食事が出来る客席計画になっています。

春には敷地内の3本桜でお花見、夏には花火大会など、季節折々の楽しみ方ができます。

 

    

 

1,2階を連続する天井の伸びやかな垂木や古材の柱梁、レストランスタッフ自作によるロートアイアンの照明器具や白壁の手跡仕上げが、手作りの暖かさや懐かしく落ち着いた雰囲気を生み出しています。

風除室の床モザイクタイル、ステンドグラス、ドアハンドル、手摺なども手作りによるもので、訪れるたびに目を楽しませてくれます。

 

   

 

外壁の白壁をキャンバスに月と太陽を描いた「La locanda del pittore」の看板とテラコッタ調瓦の大屋根が目印です。

 

薪窯で焼く美味しいピザと手作り感あふれる空間で素敵なひとときを。

 

   

 

ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ環水公園