外観アップ

富山市永楽町で、長年にわたり地域に密着した病院として開業してきた島田医院が、建物の老朽化に伴い、新たに医院併設のサービス付き高齢者向け住宅としてオープンしました。
敷地は、西にいたち川が流れ、東には立山連邦が望める好ロケーション、北側道路は、将来ライトレールの停留所の建設を予定しており、交通の便もよい場所です。
建物は鉄骨造7階建て、1階に診療所、2階に奥田地区居宅介護事業所・地域包括支援センターがあり、6階のホールには富山を代表するガラス作家、野田氏の作品が置かれ神秘的な光が空間に広がりを与えます。あすなろハウス永楽が皆さんの安心して療養に専念できる安らぎの場となりますように。

 

北西外観 東南外観 6階ラウンジ
6階ラウンジからの眺望  住居居室1  住戸水回り 建 設 地:富山県富山市永楽町41番22号
構造規模:鉄骨造7階建て
主な用途:共同住宅、寄宿舎、診療所
延床面積:3015.80m2
竣  工:2012年12月写真撮影:(株)エスエス北陸