外観

氷見の海岸に今も残り、漁村らしい景観を魅せる番屋(漁師の作業小屋)をモチーフとしている番屋街は、氷見海岸商店街らしい表情を見せ、来訪者を楽しませています。
氷見の食材にこだわった店舗が集まって運営することにより、オープンから7年経った今も県内外及び市内から多くの人がリピーターとして訪れ、氷見観光の中心施設となっています。

 

内観 総湯外観 総湯内観 建 設 地:氷見市北大町

構造規模:木造平屋建て

主な用途:商業施設

延床面積:2,803m2(番屋街) 991m2(総湯)

竣  工:2012年10月

写真撮影:(株)エスエス北陸