%e5%a4%96%e8%a6%b3_r

三四五の理念「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」即ち「不易流行」という松尾芭蕉の言葉を今回の設計テーマとしました。先代から受け継いで後世に引き継ぐべき枠の内の伝統や漆喰、和紙、土壁などの自然素材という普遍的な価値を、アルミ、ガラス、コルク等の時代的な価値と融合させ、互いに調和するよう配慮しました。北陸新幹線が開通し、街が新しく生まれ変わろうとしている今日こそ、伝統的な工法技術を継承する貴重な機会を与えていただき、人としても学ぶところが多かったお施主様に心から感謝し、古き良きものがいつまでも受け継がれていくよう期待しております。

 

 

 %e5%a4%96%e8%a6%b3%e5%85%a8%e6%99%af_r  %e6%86%a9%e3%81%84%e3%81%ae%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc_r  %e6%9e%a0%e3%81%ae%e5%a4%96_r
 %e6%9e%a0%e3%81%ae%e5%86%85_r 建設地:富山県富山市水橋伊勢屋地内

(JR水橋駅前 市営駐輪場横)

構造規模:木造平屋建て

延床面積:230㎡

竣工年月日:2015年3月

 

写真撮影:(株)エスエス北陸