~ふるさとの光、ふるさとの風景に抱かれた斎場~

■外観デザイン

~⽥園⾵景に馴染む⽔平⽅向のデザイン、シンプルな形状~

・外観は、⽕葬炉の⾼さを⽬⽴たせないため、⽔平に広がる⽥園⾵景に馴染ませ、⽔平⽅向のデザインとしました。

・建物形状は、内部構成で必要な⾼さ、⾃然光の取⼊れ⽅を、素直に表したデザインとし、多くの市⺠に抵抗なく

受け⼊れられるようシンプルな形状としました。

・⽯(荘厳、永遠性)、ガラス(明るさ、開放感)、⽊材(柔らかさ、温かみ)をバランスよく配置し、荘厳さと開放感、

親しみを感じる外観を⽬指ました。

■敷地計画・ランドスケープデザインについて

~四季の草花に囲まれた、安らぎのある⽥園公園~

・周辺は、⽥園⾵景が広がっています。敷地周囲に⼟⼿を築き、植栽を⾏い、古くから残る杜のように地域に馴染む

ものを⽬指しました。

・周辺の⽥園⾵景、隣地に計画されるパークゴルフ場と⼀体的なランドスケープとなることを⼼掛けました。

・場内は射⽔の⽊「トネリコ」・花⽊「アジサイ」・花「カワラナデシコ」を⽤いて射⽔らしい景観をめざしました。

・待合エリア前に、空が写り、落ち着いた気持ちになれるよう、池を設けました。

建  設  地:射水市

構造規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造

平屋一部2階建て

主な用途:斎場

延床面積:3,692m2

竣   工:2020年12月