かつて集落の共同墓地は、土でつくった小山に死者を埋葬しました。草も生え周辺となじむ、精神性の高い場でした。富山市納骨堂はかつての共同墓地のように土が盛り上がり、周囲に溶け込む外観の中に静かに死者と語り合える「参拝ホール」を設けました。また、建物外周の小道は故人をしのびながら登ることができ、屋上の外部から参拝できる「祈りの丘」につながっています。


建 設 地:富山市
構造規模:RC造一部S造平屋建
主な用途:納骨堂
延べ面積:801m2
竣  工:2006年12月


写真撮影:(株)エスエス北陸