鳥瞰_R

埼玉県鶴ヶ島市の現農業大学校を熊谷市へ移転新築する計画です。13haの広大な敷地に計22棟で構成される校舎群のうち、学生の教室、寄宿舎に当たるセンターゾーンは車庫等含め9棟の分棟方式で建ち、風通しの良い学校、動きの見える学校、五感で感じる学校、コンパクトな学校、安全・安心な学校の5つの基本コンセプトで計画されています。各棟とも金属板の勾配屋根を基本とし、土の素材感を持った外装材で統一します。また構造材、外装材は木のぬくもりが感じられる埼玉県産材の杉材を使用し、農業大学校にふさわしい有機質で温かみのある建物の表情を構成します。内部は木架構を積極的に見せる計画とし、床、壁に使用した県産材と共に木の風合いを活かした意匠デザインとしています。

 

全景 エントランスホール ラウンジ
講堂  講堂トラス  食堂 建 設 地:埼玉県熊谷市樋春
構造規模:木造一部鉄筋コンクリート造、
鉄骨造2階建て
主な用途:大学校
延床面積:7,681m2(センターゾーンのみ)
竣  工:2015年3月