緑多い富山市呉羽地区に造られた住居を併設した小児科クリニックです。外壁は腰までコンクリートパネル、上部は明るいグレー系の保護塗料塗りの杉板で構成し、屋根は緑青色の瓦を葺いた勾配屋根とし、周辺環境との調和を図っています。切妻の棟持ちブラケットを外観の特徴としています。第6回とやま市都市景観建築賞・優秀賞を受賞。


建 設 地:富山市
構造規模:木造2階建て
主な用途:診療所
延床面積:469m2
竣  工:1992年10月


写真撮影:(株)エスエス北陸