置県100年を記念してつくられた産業展示館です。外壁には地場産のアルミパネルを全面に採用しており、地域文化の核となるべきモニュメンタリーな役割にも配慮しています。
コーナー部は丸められ、「大展示場」と「エントランスホールおよび会議室」のふたつのボリュームによって構成されています。大展示場は3分割して利用できるように、搬入口やエントランスホールがそれぞれにとられています。


建 設 地:富山市
構造規模:鉄骨造2階建
主な用途:展示場
延床面積:合計7,906m2
竣  工:1983年8月